Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国IPアドレスからの攻撃がウクライナ侵攻後に大幅増

Check Point Software Technologiesは、中国のIPアドレスを発信元としたサイバー攻撃が、ロシアによるウクライナ侵攻後に大きく増加したとの調査結果を取りまとめた。なかでも北大西洋条約機構(NATO)の欧州加盟国を狙った攻撃の増加が目立っているという。

同社が中国のIPアドレスを発信元とする攻撃の動向に注目し、攻撃を受けた組織あたりの週平均について比較したもの。

同社によれば、3月14日の週における中国のIPアドレスを発信元とした攻撃は、ロシアによるウクライナ侵攻以前と比較して、グローバルで1組織あたり72%増と大きく上昇した。侵攻開始から最初の3週間と比べても60%増加している。

日本では77%増とグローバルを上回る水準で、NATO加盟国では116%増とさらに高い増加率を示した。侵攻開始直後の3週間と比較しても86%増となっている。

(Security NEXT - 2022/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発