Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に複数端末が感染、メールサーバも悪用される - 電通大

電気通信大学は、職員や学生が利用していたパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、マルウェアメールが送信されたことを明らかにした。

同大によれば、感染端末に保存されていた個人情報を悪用したと見られる「Emotet」を感染させるメールが送信されていることを確認したもの。認証情報を窃取され、マルウェアメールの送信に同大メールサーバが悪用されていたという。

同大では感染したパソコンを使用していた職員と学生の認証情報を変更。暗号化されたファイルが添付されたメールについては、メールゲートウェイで隔離し、ファイルを削除して送信するなどの対策を講じている。

(Security NEXT - 2022/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
ランサム被害で情報流出、対象範囲を追加 - みんな電力
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力