Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に複数端末が感染、メールサーバも悪用される - 電通大

電気通信大学は、職員や学生が利用していたパソコンがマルウェア「Emotet」に感染し、マルウェアメールが送信されたことを明らかにした。

同大によれば、感染端末に保存されていた個人情報を悪用したと見られる「Emotet」を感染させるメールが送信されていることを確認したもの。認証情報を窃取され、マルウェアメールの送信に同大メールサーバが悪用されていたという。

同大では感染したパソコンを使用していた職員と学生の認証情報を変更。暗号化されたファイルが添付されたメールについては、メールゲートウェイで隔離し、ファイルを削除して送信するなどの対策を講じている。

(Security NEXT - 2022/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校