Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター

国立がんセンターは、同センター東病院において職員の端末が乗っ取り被害に遭い、臨床研究の被験者に関する情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同センターによれば、1月26日に職員が使用していた端末上にマルウェア感染を警告するポップアップが表示され、指示に従ったところ端末を乗っ取られたという。

金銭が要求されたため詐欺を疑い、端末のインターネット接続を遮断し、端末を回収。1月27日に厚生労働省に報告するとともに外部事業者による調査を実施した。

調査の結果、ファイルなどの流出はなかったが、端末が乗っ取られた約30分間に、同院が代表を務める臨床研究へ参加している被験者の情報を端末上に表示されており、第三者に閲覧された可能性があることが判明した。

(Security NEXT - 2022/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール関連情報流出の可能性 - 緑の安全推進協会
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
委託先が「Emotet」感染、個人情報が流出の可能性 - 相模原市
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
東京辰巳国際水泳場の指定管理者がマルウェア感染 - 利用者情報が流出か
受託業務で使用する端末が「Emotet」感染 - NTT西
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
マルウェア感染で個人情報流出の可能性 - 保育施設運営会社