Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社

一連の調査を通じて、攻撃者が窃取した情報を公開したことも明らかとなっている。

12月31日早朝から約1週間程度、社内管理情報の画像ファイル6件が公開されたほか、2022年1月中旬から下旬ごろにかけて、ファイルサーバより窃取された約5Gバイトほどのファイル3242件が公開された。

また1月中旬から下旬ごろに公開されていたと見られるファイルには、顧客情報や取引先担当者の情報が存在。氏名、会社名、部署名のほか、一部は電話番号など86件の情報が含まれる。

今回の問題を受けて同社では、被害にあった端末についてクリーンインストールなどを実施。セキュリティ対策の強化やセキュリティ教育などを行った。対象となる顧客や取引先には個別に連絡し、対応するとしている。

(Security NEXT - 2022/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠