Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社

ハードウェアの保守サービスやシステム導入支援などを展開する東京コンピュータサービスは、サイバー攻撃によりシステムがランサムウェアに感染した問題で調査結果を明らかにした。

同社において2021年12月31日未明にシステムがランサムウェアに感染したもの。同社が調査を行ったところ、不正侵入は2021年10月初旬より発生しており、11月上旬から12月末にかけて展開されたことが判明した。

従業員がActive Directoryのパスワード変更やリセットを行えるよう導入しているウェブサービスに対し、リバースプロクシサーバ経由で接続され、同サービスの脆弱性が突かれてADサーバに侵入されたことがわかったという。

攻撃者は侵入するためのコードを実行したほか、バックドア、マルウェア対策ソフトを回避するプログラムなどを配置。ADドメインに属する機器に対し、グループポリシーを利用してランサムウェアを自動的に配布するバッチファイルを設定し、12月31日早朝にバッチ処理が実行された。

(Security NEXT - 2022/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
ランサムウェアによるサイバー攻撃で被害 - ボランティア団体
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構