Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache httpd」に4件の脆弱性 - アップデートが公開

「Apache HTTP Server」の開発チームは、複数の脆弱性を修正した「同2.4.53」をリリースした。あわせて4件の脆弱性を解消している。

具体的には、エラー発生時におけるHTTPリクエストスマグリングの脆弱性「CVE-2022-22720」や、モジュール「mod_sed」において域外メモリの書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2022-23943」を修正。

いずれも脆弱性の重要度は、4段階において上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。

さらに「mod_lua」において細工したリクエストによりプロセスがクラッシュする脆弱性「CVE-2022-22719」を解消した。重要度は1段階低い「中(Moderate)」。

32ビットのシステムで「LimitXMLRequestBody」に350Mバイト以上の処理を許可すると域外メモリへの書き込みが行われる脆弱性「CVE-2022-22721」にも対応しており、重要度は「低(Low)」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み