Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用

Broadcom Software傘下のSymantecは、ロシアの侵攻が開始される直前に、ウクライナにおける金融、防衛、航空、ITサービスといったセクターの組織を攻撃するために使用されたと指摘。リトアニアにおいて攻撃が行われた形跡についても確認しているという。

また「HermeticWiper」は、正規に販売されているCHENG DU YIWO Tech Developmentのディスク管理ソフトウェア「EaseUS Partition Master」の正規ドライバを悪用していたことが判明している。

こうした攻撃手口について、SecureWorksは、「ElDos RawDisk」のドライバを悪用してディスク機能にアクセスするイランの「Shamoon」や、北朝鮮「DarkSeoul」といったワイパーソフトに類似していると指摘した。

またESETは、「HermeticWiper」について、コンパイルされた日時のタイムスタンプが、2021年12月28日となっており、2月23日に検知される以前より攻撃が展開されていた可能性があると分析している。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開