Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開

情報処理推進機構(IPA)は、「情報セキュリティ10大脅威2022」の個人に関する脅威について、解説資料を公開した。

「情報セキュリティ10大脅威」は社会的に影響が大きいセキュリティ上の脅威についてセキュリティ研究者や実務担当者が個人と組織にわけて毎年選定し、公開している。

すでにランキングは1月に公表されているが、今回あらたに個人編の解説書を公開した。A4サイズ33ページで構成されており、同機構のウェブサイトよりPDFファイルをダウンロードすることができる。

組織編については、3月上旬に公開される予定。なお、個人編のランキングは以下のとおり(カッコ内は前年順位)。

2021年の個人における10大脅威 2022

1位:フィッシングによる個人情報などの詐取(2位)
2位:ネット上の誹謗・中傷・デマ(3位)
3位:メールやSMSなどを使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求(4位)
4位:クレジットカード情報の不正利用(5位)
5位:スマホ決済の不正利用(1位)
6位:偽警告によるインターネット詐欺(8位)
7位:不正アプリによるスマートフォン利用者への被害(9位)
8位:インターネット上のサービスからの個人情報の窃取(7位)
9位:インターネットバンキングの不正利用(6位)
10位:インターネット上のサービスへの不正ログイン(10位)

(Security NEXT - 2022/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2023年は1割の企業でランサムウェア攻撃を観測
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
研究者や実務者向けイベント「JSAC2024」が来年1月に開催 - 現地参加のみに
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
まもなく「CODE BLUE 2023」が開催 - 創立者が語る注目ポイント
アジア版セキュキャン「GCC 2024」、2024年2月にタイで開催
「CYNEXアライアンス」が発足、 産官学とデータの共同分析や人材育成を推進
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
「CODE BLUE 2023」のタイムテーブル - 脆弱性関連の講演充実
スマート工場のセキュリティ対策事例 - IPAが調査報告書