Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェアの検知数が大きく減少

2021年に検知されたWindowsを狙ったいわゆる不正送金マルウェアは、前年から3割強減少した。Androidにおいても半減している。

Kasperskyが同社製品を利用するデバイス上での検知状況について取りまとめたもの。2021年にWindows上で検知された不正送金マルウェアは40万5985件。前年の62万5364件から35.0%減少した。

企業向け製品が占める割合は37.8%で、前年の36.0%から1.8ポイント上昇。2018年からは13.7ポイント増となっており、増加傾向が続いている。

もっとも多く使用された不正送金マルウェアは「Zeus」としても知られる「Zbot」で全体の20.5%。「SpyEye(12.2%)」「CliptoShuffler(10.2%)」「Emotet(9.3%)」と続き、これら上位4種で全体の半数以上を占めた。

Androidを見ると、14万7316台のデバイス上で不正送金マルウェアを検知。前年の29万4158件から半減している。前年から引き続き「日本」がもっとも検知が多く、全体の2.2%だった。「スペイン(1.6%)」「トルコ(0.7%)」と続く。

フィッシングサイトへのアクセスについては、2021年に2億5000万回超を検知し、遮断している。フィッシングにおいて金融を装うケースが41.8%にのぼっている。オンラインショップ関連が17.6%、電子決済システム関連が13.1%、オンラインバンキング関連が11.1%だった。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正