Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェアの検知数が大きく減少

2021年に検知されたWindowsを狙ったいわゆる不正送金マルウェアは、前年から3割強減少した。Androidにおいても半減している。

Kasperskyが同社製品を利用するデバイス上での検知状況について取りまとめたもの。2021年にWindows上で検知された不正送金マルウェアは40万5985件。前年の62万5364件から35.0%減少した。

企業向け製品が占める割合は37.8%で、前年の36.0%から1.8ポイント上昇。2018年からは13.7ポイント増となっており、増加傾向が続いている。

もっとも多く使用された不正送金マルウェアは「Zeus」としても知られる「Zbot」で全体の20.5%。「SpyEye(12.2%)」「CliptoShuffler(10.2%)」「Emotet(9.3%)」と続き、これら上位4種で全体の半数以上を占めた。

Androidを見ると、14万7316台のデバイス上で不正送金マルウェアを検知。前年の29万4158件から半減している。前年から引き続き「日本」がもっとも検知が多く、全体の2.2%だった。「スペイン(1.6%)」「トルコ(0.7%)」と続く。

フィッシングサイトへのアクセスについては、2021年に2億5000万回超を検知し、遮断している。フィッシングにおいて金融を装うケースが41.8%にのぼっている。オンラインショップ関連が17.6%、電子決済システム関連が13.1%、オンラインバンキング関連が11.1%だった。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞