Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェアの検知数が大きく減少

2021年に検知されたWindowsを狙ったいわゆる不正送金マルウェアは、前年から3割強減少した。Androidにおいても半減している。

Kasperskyが同社製品を利用するデバイス上での検知状況について取りまとめたもの。2021年にWindows上で検知された不正送金マルウェアは40万5985件。前年の62万5364件から35.0%減少した。

企業向け製品が占める割合は37.8%で、前年の36.0%から1.8ポイント上昇。2018年からは13.7ポイント増となっており、増加傾向が続いている。

もっとも多く使用された不正送金マルウェアは「Zeus」としても知られる「Zbot」で全体の20.5%。「SpyEye(12.2%)」「CliptoShuffler(10.2%)」「Emotet(9.3%)」と続き、これら上位4種で全体の半数以上を占めた。

Androidを見ると、14万7316台のデバイス上で不正送金マルウェアを検知。前年の29万4158件から半減している。前年から引き続き「日本」がもっとも検知が多く、全体の2.2%だった。「スペイン(1.6%)」「トルコ(0.7%)」と続く。

フィッシングサイトへのアクセスについては、2021年に2億5000万回超を検知し、遮断している。フィッシングにおいて金融を装うケースが41.8%にのぼっている。オンラインショップ関連が17.6%、電子決済システム関連が13.1%、オンラインバンキング関連が11.1%だった。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワーク監視ツール「LibreNMS」に脆弱性 - 「クリティカル」も
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導
「SecHack365」の受講生情報含むPCが所在不明に - NICT
患者情報含むファイルがネット上で閲覧可能に - 日大板橋病院
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委
「iPhone」や「iPad」に3件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを公開
サポート詐欺で職員宅PCが遠隔操作 - 厚生中央病院
Snatchランサムウェア、セーフモードでセキュリティ対策を回避
Atlassian、「Bitbucket」「Confluence」などの脆弱性を修正
「Drupal」にキャッシュ汚染の脆弱性 - 権限昇格のおそれ