Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェアの検知数が大きく減少

2021年に検知されたWindowsを狙ったいわゆる不正送金マルウェアは、前年から3割強減少した。Androidにおいても半減している。

Kasperskyが同社製品を利用するデバイス上での検知状況について取りまとめたもの。2021年にWindows上で検知された不正送金マルウェアは40万5985件。前年の62万5364件から35.0%減少した。

企業向け製品が占める割合は37.8%で、前年の36.0%から1.8ポイント上昇。2018年からは13.7ポイント増となっており、増加傾向が続いている。

もっとも多く使用された不正送金マルウェアは「Zeus」としても知られる「Zbot」で全体の20.5%。「SpyEye(12.2%)」「CliptoShuffler(10.2%)」「Emotet(9.3%)」と続き、これら上位4種で全体の半数以上を占めた。

Androidを見ると、14万7316台のデバイス上で不正送金マルウェアを検知。前年の29万4158件から半減している。前年から引き続き「日本」がもっとも検知が多く、全体の2.2%だった。「スペイン(1.6%)」「トルコ(0.7%)」と続く。

フィッシングサイトへのアクセスについては、2021年に2億5000万回超を検知し、遮断している。フィッシングにおいて金融を装うケースが41.8%にのぼっている。オンラインショップ関連が17.6%、電子決済システム関連が13.1%、オンラインバンキング関連が11.1%だった。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大