Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類を別の顧客に投函 - 三重のCATV局

ケーブルテレビ局のシー・ティー・ワイは、顧客情報が記載された書類を、本来届けるべき顧客とは別の顧客に誤って届けるミスがあったことを明らかにした。すでに回収済みだという。

同社によれば、1月24日に営業委託先の担当者が顧客情報が記載された書類を異なる顧客宅の郵便受けに誤って投函したもの。顧客の氏名と住所など61件が流出した。

投函先から連絡があり同日17時に問題が判明。同日より回収を行い、同月27日までに対象となる顧客へ謝罪したうえですべて書類を回収し、廃棄した。

(Security NEXT - 2022/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
新生児訪問事業の記録票、ポスト投函後の所在わからず - 杉並区
郵便物の配達控約2.1万件が所在不明 - 前橋市の郵便局
都内郵便局で車両火災 - ゆうパック約1000件が被害
奨学金の催告状を別の住所へ送付 - 三重県教育委員会
従業員が顧客データベースを私的利用 - 北都銀
約6年分の現金書留控えを紛失 - 神奈川県内の郵便局
顧客情報含む書類約3200件が所在不明 - 大阪府内の郵便局
5店舗で顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄が判明 - 島田掛川信金
案内状を誤送付、作業複雑化やチェック漏れ重なる - 愛媛県美術館