Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類を別の顧客に投函 - 三重のCATV局

ケーブルテレビ局のシー・ティー・ワイは、顧客情報が記載された書類を、本来届けるべき顧客とは別の顧客に誤って届けるミスがあったことを明らかにした。すでに回収済みだという。

同社によれば、1月24日に営業委託先の担当者が顧客情報が記載された書類を異なる顧客宅の郵便受けに誤って投函したもの。顧客の氏名と住所など61件が流出した。

投函先から連絡があり同日17時に問題が判明。同日より回収を行い、同月27日までに対象となる顧客へ謝罪したうえですべて書類を回収し、廃棄した。

(Security NEXT - 2022/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市