Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」

Symphony Technology Groupは、傘下となり統合した「FireEye」および「McAfee Enterprise」の新社名を発表した。

あらたな社名は「Trellix(トレリックス)」。植物の成長にあたって支えに用いられる「trellis(トレリス)」にちなんだ名称で、強く安定した構造をイメージしたという。

同名を機械学習や自動化技術を活用した「XDR(Extended Detection and Response)」の新ブランドとして展開していく。

またMcAfee Enterpriseの「CASB(Cloud Access Security Broker)」や「SWG(Secure Web Gateway)」「ZTNA(Zero Trust Network Access)」などエッジ向けポートフォリオについては、独立した事業を立ち上げる予定だという。

(Security NEXT - 2022/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
NEC子会社、法執行機関向け機密情報管理ソフトの開発会社を買収
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化