Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に

国家より支援を受けていると見られる高度な技術を持った複数の攻撃グループが、「VMware Horizon」や「VMware UAG」に内在した脆弱性「Log4Shell」を標的とする攻撃を展開しているとし、あらためて米政府が注意喚起を行った。

かなり早い時期から攻撃が展開されていることが判明しており、VMwareによるアップデートの公開後、すぐに適用して脆弱性を修正したり、回避策を講じていなかった場合は、侵害されていることを前提に対処するよう利用者に求めている。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や、米沿岸警備隊サイバー軍(CGCYBER)が共同でアドバイザリをリリースし、「VMware Horizon」や「VMware Unified Access Gateway(UAG)」の利用者に対して警鐘を鳴らしたもの。

2021年12月に深刻な脆弱性「Log4Shell(CVE-2021-44228)」が明らかとなったが、かなり早い時期から同脆弱性を修正するパッチが適用されていない「VMware Horizon」「VMware UAG」を標的とした攻撃が展開されているという。VMwareでも、現地時間12月10日には脆弱性を悪用する試みを確認したことを明らかにしている。

CISAでは、4月から5月にかけて対処した事例も含め、実際に生じた2件のインシデント被害をもとに、対応の過程でネットワークより得られたマルウェアのサンプルについて分析し、攻撃の戦術、手法などを説明している。

(Security NEXT - 2022/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県