Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を

休暇明けにも注意が求められる。休暇中におけるパッチのリリース状況を確認し、セキュリティ製品など含めて最新の状態へアップデート。休暇中に持ち出した機器を組織内部のネットワークに接続する際も、マルウェアを持ち込まないよう事前にチェックが必要だ。

休暇中に届いたメールの取り扱いにも警戒が必要となる。活動を再開した「Emotet」など、関係者を装ったマルウェアメールやフィッシングメールに警戒したい。

休暇中に着信したメールが多いと、処理に追われて対応が甘くなりがちだが、安易にメールの添付ファイルやURLを開かないよう細心の注意が求められる。

また2022年1月は、各社が定例アップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」が3連休後の米時間1月11日(日本時間1月12日)に控えていることも意識しておきたい。

(Security NEXT - 2021/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
フィッシング、人事装うメールが高クリック率 - IT部門が低いとは限らず
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を