Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」を、2022年2月3日にオンラインで開催する。

同イベントは、制御システムのセキュリティ対策をテーマとしたカンファレンス。ユーザー企業をはじめ、エンジニアリング会社、システムインテグレーター、製品開発者、研究者などを対象としている。

ランサムウェア感染時の復旧対策やローカル5G活用時のセキュリティリスクなどをはじめ、リスクアセスメント、セキュリティガイドライン策定など、制御システムに関するバラエティ豊かな講演を予定している。

参加費は無料で、定員は450人。先着順で受け付け、定員になり次第締め切りとなる。イベントの詳細や申込み方法などは同イベント案内ページを参照のこと。

(Security NEXT - 2021/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー