Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoの16製品にApache HTTPD由来の脆弱性 - 順次修正進める

Cisco Systemsの複数製品において、「Apache HTTP Server」に由来する脆弱性の影響を受けることがわかった。脆弱性の判明を受けて米セキュリティ機関なども注意を呼びかけている。

セキュリティをはじめ、ネットワーク管理、ルータ、ワイアレス、ビデオストリーミング
など同社複数製品において、9月にリリースされた「Apache HTTP Server 2.4.49」にて修正された脆弱性の影響を受けることが明らかとなったもの。

製品によって影響を受ける脆弱性は異なるが、モジュール「mod_proxy」におけるサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2021-40438」をはじめ、「CVE-2021-33193」「CVE-2021-34798」「CVE-2021-36160」「CVE-2021-39275」の影響を受ける可能性がある。

悪用されるとリクエストの転送やキャッシュの改ざんが可能となり、サービスのリソースを取得されたり、変更、削除されるおそれがある。同社は重要度を「高(High)」、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.0」とレーティングした。

(Security NEXT - 2021/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を