Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正ファイルでDBアクセス可能に - グラントマトが追加報告

福島県を中心にスーパーチェーンを展開するグラントマトは、同社eコマースサイト「グラントマトオンラインショップ」が不正アクセスを受けた問題で、追加の調査報告を行った。

同社委託先であるジーアールのシステム「オムニEC」が不正アクセスを受けたもので、9月に同システムを利用する他利用者において情報流出の可能性が判明。同社では顧客へメールで通知し、概要を明らかにするとともに、委託先の東芝テックやジーアールと連携して詳細について調査を進め、結果がわかり次第、速やかに公表したいとしていた。

クレジットカード情報に関する調査結果については、先行して決済アプリケーションを改ざん被害による影響を公表しているが、平行して進めていたクレジットカード情報以外のストア利用客に対する影響についても継続調査を進め、今回結果を明らかにした。

同社によると、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性を突く不正アクセスにより、不正ファイルが設置され、データベースに対してもアクセスされた可能性があることがわかったという。

(Security NEXT - 2021/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大