Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催

GCC Communityは、セキュリティに興味を持つ若年層を対象としたオンラインイベント「GCC 2022 Online - Global Cybersecurity Camp 2022 Online」を2022年1月に開催する。

同イベントは、日本、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、オーストラリアのアジア太平洋地域8カ国がホストとなり、セキュリティに興味を持つ若年層を対象に、能力や友好を深める場を提供するトレーニングイベント。2022年1月8日から同月23日にかけておもに週末に開催する。

日本からは6名程度が選出される見込み。言語はすべて英語となり、同時通訳などは提供されない。対象者は、2022年3月31日時点で25歳以下であり、国内の学校に在籍する学生で未就業であること。または学生でない者で、未就業かつ未起業であること。参加費用は無料。

申し込みは専用の応募フォームで受け付け、締め切りは12月15日16時必着。応募要件など詳細は同イベントの案内ページから。

(Security NEXT - 2021/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
2020年度の若年層向けセキュ啓発コンクールを開催 - IPA
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
新型コロナ影響で特別イベントの開催を中止 - NISC
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら