Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性

アルファサードが提供するコンテンツマネジメントシステム(CMS)の「PowerCMS」に深刻な脆弱性が含まれているとして開発者やセキュリティ機関より注意喚起が行われている。ベースとなる「Movable Type」に明らかとなった脆弱性の影響を受けたものだが、あらたにCVE番号「CVE-2021-20850」が採番されている。

同ソフトウェアは、シックス・アパートとの許諾契約のもと、「Movable Type 6」をベースに同社が独自に開発しているCMS。今回あらたに「XMLRPC API」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が明らかとなったもの。「同5.19」「同4.49」「同3.295」および以前のバージョンが影響を受ける。

10月20日に公表された「Movable Type」の「CVE-2021-20837」と同様の脆弱性で、これまでも利用者に対して注意喚起が行われてきたが、あらたにCVE番号「CVE-2021-20850」が採番された。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「9.8」。

「Movable Type」に明らかとなった「CVE-2021-20837」に関しては、10月26日に実証コードが公開され、翌日より探索行為が行われているほか、11月1日に入ってからは、脆弱性を狙った攻撃が展開されており、被害も発生している

(Security NEXT - 2021/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
「Apache Hive」にユーザー定義関数を上書きされる脆弱性
「Firefox 97」がリリース - 脆弱性12件を修正