Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「Movable Type」狙う攻撃が発生中 - 更新や被害状況の確認を

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Movable Type」に深刻な脆弱性「CVE-2021-20837」が明らかとなった問題で、脆弱性を悪用する攻撃が確認されている。アップデートが未実施の場合は、早急に更新することにくわえ、被害が生じていないか確認するよう注意喚起が行われている。

「CVE-2021-20837」は、「XMLRPC API」においてリモートよりOSのコマンドを実行されるおそれがある脆弱性。「同4.0」以降と幅広いバージョンが対象で、悪用された場合の影響も大きく、10月20日に開発元であるシックス・アパートがアドバイザリを公開したほか、JPCERTコーディネーションセンターや情報処理推進機構(IPA)などからも注意喚起が行われている。

JPCERTコーディネーションセンターによると、10月26日に脆弱性の実証コード(PoC)が公開されたことを確認した。

またラックでは、PoCの公開翌日となる10月27日には脆弱性を探索しようとする攻撃を観測。さらに11月1日ごろより、外部サイトよりデータをダウンロードし、公開領域にファイルを設置する攻撃を確認している。同社が発見したケースでは「バックドア」として動作する「PHPファイル」を設置しようとしていた。

同社では、攻撃に用いられたIPアドレスや通信先のドメインなど「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開。

脆弱性の影響を受ける「Movable Type」のバージョンを利用している場合は、アップデートにくわえて、すでに攻撃を受けている可能性もあるとし、不審ファイルの設置といったサイトの改ざんや攻撃を受けたことを示すログがないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正