Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ

2021年1月1日以降については、「出社している」が71.9%と3.7ポイント上昇。「テレワークを行っている」が10.2%、「時差出勤とテレワークを並行して行っている」が10.3%といずれも減少が見られた。

11月4日の回答時点でテレワークを実施していると回答した445人を対象に、私物のデジタル端末を業務利用したことがあるか聞いたところ、64.7%が「私物の端末を業務利用したことがある」と答えた。「私物の端末を業務利用はしない」が29.7%、「私物のデジタル端末を持っていない」が5.6%だった。

テレワークを含め、職場以外で仕事をする際にセキュリティ面で気を付けていることを聞いたところ、「ウイルス感染の被害」と「端末の紛失、盗難」がいずれも37.3%でトップ。

「メールを誤送信(34.2%)」「詐欺、なりすましメール被害(29.9%)」「パスワード管理の問題による不正アクセス(26.3%)」で続いた。「VPN機器による情報漏洩」などを気にする声も19.3%と2割近くに上っている。

また自宅以外でテレワークを行ったことがあると回答した127人に、テレワークを行った場所について聞いたところ、「カフェなどの飲食店」が30.7%ともっとも多く、次いで「ホテル」が27.6%、「休憩スペースや公園などのベンチ」が26.8%だった。

20211117_mm_002.jpg
テレワークや職場以外の業務時にセキュリティ面で気をつけていること(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2021/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
「テレワーク推進リーダー」制度を実施、最高50万円の奨励金 - 東京都
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料