Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始に備え、セキュリティ対策を - 月例パッチは年明け1月9日

年の瀬を迎え、2023年も徐々に終わりに近づいている。多くの組織は年末年始の長期休暇を控えており、セキュリティ対策の状況をあらためて確認する時期を迎えている。

今回の冬季休暇は12月29日から1月3日にかけて「6連休」が中心になると見られるが、2024年は年明け最初の週末も近く、なかには成人の日まで「11連休」を取るといった人もいるだろう。

長期休暇中、システム管理者やセキュリティ担当者が不在となる組織も少なくない。その間にインシデントが発生し、認知や対応が遅れればそれだけ被害が大きくなる。対応が後手にまわる休暇を積極的に狙う攻撃者も存在しており、例年セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

サーバや機器、パソコンなどにおいて、脆弱性やマルウェアへの対策を最新の状態に更新するなど、あらためて基本的なセキュリティ対策を確認しておく必要がある。

外部に露出されており、「攻撃対象領域(Attack Surface)」となる部分については、対策に抜け漏れが生じていないか特に注意深く確認しておきたいポイントだ。期間中使用しないなど状況に応じて機器の電源を切ったり、一時的に外部からのアクセスを遮断するといった対応も検討したい。

(Security NEXT - 2023/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開