Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」

神奈川県藤沢市の中学校教諭が、試験問題と解答の一部をSNSを介して一部生徒に漏洩していたことがわかった。担当した生徒に思い入れがあり、良い点数を取らせたかったと話しているという。

11月5日に実施した3年生の後期中間試験にあたり、教諭が担当する英語について100点満点中50点分にあたる問題と解答を事前に写真撮影し、「Instagram」でつながっている生徒3人に対し、「ダイレクトメッセージ(DM)」で送信したもの。さらに送信した生徒より別の生徒に転送するよう求めていた。また同教諭は、11月8日に実施した英語リスニングテストの問題についても、事前に一部の生徒へ漏洩していた。

同市によれば、生徒より再転送や口頭で伝わったケースもあり、最終的に問題や解答が共有された生徒の数はわかっていない。11月9日に生徒数名が別の教諭に試験問題の漏洩を訴え、漏洩した教諭と生徒に対して聞き取りを行ったところ、問題が発覚した。

同校では、流出防止にあたり、試験問題をロッカーで施錠管理をしていたが、故意の漏洩のため防げず、SNSによる私的なやり取りも禁止していたが、守られていなかった。

同教諭は、担任ではなかったものの、1年生時より英語の授業を受け持ち強い思い入れがあり、頼りにしてきた生徒に良い点を取らせてあげたかったとしており、「やってはならないことだがやってしまった。生徒や保護者、ほかの教員に大変な迷惑をかけてしまった」と反省しているという。

今回の問題を受けて同校では3年生全員に説明と謝罪を行い、保護者説明会を開催するとともに、再試験を実施した。神奈川県で採用している教員のため、同校より報告を受けた市教委では、県教委に対して報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
小学校で児童の個人情報含むノートを紛失 - 平塚市