Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民審査の投票録を保管期限前に誤廃棄 - 板橋区

東京都板橋区は、最高裁判所裁判官国民審査の投票録を、保管期限前に誤って廃棄していたことを明らかにした。

同区によれば、選挙管理委員会事務局において、2012年および2014年に実施した最高裁判所裁判官国民審査の投票録を、保管期限前に廃棄していたことが判明したもの。

国民審査に関する書類について公文書公開請求があり、11月5日と6日に文書の確認を行ったところ、誤廃棄が判明した。

同時に行われた衆議院議員選挙の投票録は、議員が任期を終えるまで保管し、国民審査の投票録は10年間保管することになっている。保管期間が異なっており、別々に保管すべきところ、両方の投票録を同一のファイルに保管していたため、誤って一緒に廃棄したと説明している。

(Security NEXT - 2021/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
議会への回答資料に個人情報、市サイトにも掲載 - 奈良市
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス