Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も

Adobe Systemsは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日にあわせて複数の製品に対し、セキュリティアップデートをリリースした。修正対象となった脆弱性には、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」においてベーススコアが「9.8」とされるものも複数含まれる。

「Adobe Connect」では、信頼できないデータのデシリアライゼーションにより、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-40719」など2件の脆弱性が判明した。なかでも「CVE-2021-40719」は、CVSS基本値が「9.8」と高く、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「Adobe Campaign Standard」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2021-40744」が明らかとなった。CVSS基本値は示されていないが、重要度は同じく「クリティカル(Critical)」とした。

また「Adobe Commerce」には、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2021-39864」が含まれる。CVSS基本値は「6.5」、重要度は1段階低い「重要(Important)」とした。

さらに「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」についても「クリティカル(Critical)」2件を含む4件の脆弱性が判明している。

(Security NEXT - 2021/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市