Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も

Adobe Systemsは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日にあわせて複数の製品に対し、セキュリティアップデートをリリースした。修正対象となった脆弱性には、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」においてベーススコアが「9.8」とされるものも複数含まれる。

「Adobe Connect」では、信頼できないデータのデシリアライゼーションにより、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2021-40719」など2件の脆弱性が判明した。なかでも「CVE-2021-40719」は、CVSS基本値が「9.8」と高く、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「Adobe Campaign Standard」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2021-40744」が明らかとなった。CVSS基本値は示されていないが、重要度は同じく「クリティカル(Critical)」とした。

また「Adobe Commerce」には、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2021-39864」が含まれる。CVSS基本値は「6.5」、重要度は1段階低い「重要(Important)」とした。

さらに「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」についても「クリティカル(Critical)」2件を含む4件の脆弱性が判明している。

(Security NEXT - 2021/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を