Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委

個人情報保護委員会は、個人情報保護の重要性について啓発する「個人情報を考える週間」を10月18日より展開する。

アジア太平洋プライバシー機関(APPA:Asia Pacific Privacy Authorities)の参加国において毎年実施することとなっている「Privacy Awareness Week(PAW)」の日本版を展開するもの。

日本では2021年は10月18日から10月24日までの1週間を「個人情報を考える週間」とし、個人情報の重要性に関する情報発信を強化する。

具体的には、情報発信ページの設置やSNSへの投稿、自治体における啓発ポスターの展示をはじめ、デジタルサイネージ、インターネット、コンビニレジ、BGMなどの広告を通じ、個人情報保護の重要性について啓発活動を展開していく。

(Security NEXT - 2021/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映