Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委

個人情報保護委員会は、個人情報保護の重要性について啓発する「個人情報を考える週間」を10月18日より展開する。

アジア太平洋プライバシー機関(APPA:Asia Pacific Privacy Authorities)の参加国において毎年実施することとなっている「Privacy Awareness Week(PAW)」の日本版を展開するもの。

日本では2021年は10月18日から10月24日までの1週間を「個人情報を考える週間」とし、個人情報の重要性に関する情報発信を強化する。

具体的には、情報発信ページの設置やSNSへの投稿、自治体における啓発ポスターの展示をはじめ、デジタルサイネージ、インターネット、コンビニレジ、BGMなどの広告を通じ、個人情報保護の重要性について啓発活動を展開していく。

(Security NEXT - 2021/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも