Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス

オリンパスは、海外グループ会社の一部サーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。影響の範囲など詳細について調査を進めている。

同社によれば、9月8日にEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)の一部地域で利用する一部サーバにおいて、不審なアクセスを検知したもの。

同社では、影響を受けたシステムにおいてデータ転送などの通信を遮断。ヨーロッパの一部地域で業務に影響が生じており、関連する取引先に連絡を取っているという。

フォレンジック専門家の協力のもと対策チームを設置し、原因や影響範囲など詳細について調べている。暗号化による被害や脅迫の有無については、本誌取材に対して「調査中」とコメントするにとどめた。

同社は9月10日に国内の当局へ事態を報告。今回のサイバー攻撃における国内本社への影響は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
石川県の日本酒蔵元にサイバー攻撃 - 販売管理システムが停止
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ