Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス

オリンパスは、海外グループ会社の一部サーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。影響の範囲など詳細について調査を進めている。

同社によれば、9月8日にEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)の一部地域で利用する一部サーバにおいて、不審なアクセスを検知したもの。

同社では、影響を受けたシステムにおいてデータ転送などの通信を遮断。ヨーロッパの一部地域で業務に影響が生じており、関連する取引先に連絡を取っているという。

フォレンジック専門家の協力のもと対策チームを設置し、原因や影響範囲など詳細について調べている。暗号化による被害や脅迫の有無については、本誌取材に対して「調査中」とコメントするにとどめた。

同社は9月10日に国内の当局へ事態を報告。今回のサイバー攻撃における国内本社への影響は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2021/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社