Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ

東京都が配布した乳児のハチミツ摂取に関する注意喚起のチラシに記載された二次元コードを利用すると、意図しない悪意あるサイトへ誘導されるおそれがあることがわかった。都ではコードを読み取ってアクセスしないよう注意を呼びかけている。

問題が判明したのは、都が2018年2月ごろより保護者向けに配布しているリーフレット「1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください!」やカード「はちみつは1歳を過ぎてから」といった配布物や、掲示用のポスターに記載されている「二次元コード」。

問題の二次元コードは、「東京都食品安全FAQページ」の旧サイトへ誘導するURLが含まれるが、アクセスすると都とは関係ないサイトへ誘導される状態となっていた。都に対し、8月24日に外部より指摘があり、状況を把握したという。

都では詳細を調べているが、「東京都食品安全FAQページ」は2018年から2019年にかけて都公式ページ内に移設済みで、旧サイトで利用していた「.jp.net」のサードレベルドメインが契約終了したことにともない、第三者が使用権を取得して無関係なサイトへの転送に用いているものと見られる。

20210831_tm_001.jpg
東京都による注意喚起(画像:東京都)

(Security NEXT - 2021/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング
「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
「さくらインターネット」を装うフィッシング - 「虚偽登録」「契約解除」など複数文面で出回る
システム管理者狙う「お名前.com」のフィッシング - 「ドメインを利用制限」と不安煽る
「au PAY」装うフィッシングが増加 - フィ対協が注意喚起
「問い合わせフォーム」からの「なりすまし投稿」に警戒を - 不審URLに誘導
「電話料金が大変高額に」とウソ - ソフバン装うフィッシング