Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で

NTTドコモをかたるフィッシング攻撃の報告が増加している。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

問題のフィッシング攻撃は、NTTドコモの提供するクレジットカード「dカード」の利用者を標的としたもので、メールには複数の文面が使用されていた。

あるケースでは、本人の利用であるか確認したい取引があるとメールで説明。回答しないと利用制限を継続するとして不安を煽り、偽サイトへ誘導していた。別のケースでは、国内加盟店において7万9560円の利用があったなどと架空の利用照会を送付。覚えがない場合は詳細を確認するよう促し、偽サイトへアクセスするよう求めていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、「dアカウント」のIDやパスワードのほか、氏名、住所、電話番号、生年月日、クレジットカード情報、3Dセキュアの認証情報などを入力させようとしていた。

フィッシングサイトは、複数のサブドメインを用いて設置されており、少なくとも12件のURLが悪用されていることが判明している。

同協議会は閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似するフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要