Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公表が条件の企業提供情報をメールに誤添付 - 国交省

国土交通省は、公にしない条件で提供された情報を含んだ資料を誤って業務メールに添付して送信したことを明らかにした。

同省神戸運輸監理部において、7月26日に所管する事業者5社に対し業務連絡メールを送信した際、関係者132社から公にしないことを条件に任意に提供された情報を含んだ資料を、誤って添付したもの。誤って添付した資料には、個人情報は含まれないという。

誤送信判明後、送信先である5社に謝罪し、メールの削除を依頼した。また、提供した情報が誤って添付された132社に対しても謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県