Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JetBrainsの開発者向けツールに深刻な脆弱性 - アカウント乗っ取りのおそれも

JetBrainsは、2021年度第2四半期のセキュリティアップデートとして、「JetBrains Hub」をはじめ、「TeamCity」「YouTrack」など複数の製品における脆弱性を修正した。深刻な脆弱性も含まれる。

コラボレーションツールの統合サーバ「JetBrains Hub」では、アカウントの乗っ取りが可能となる脆弱性など3件の脆弱性に対処した。

具体的には、パスワードリセットを悪用してアカウントの乗っ取りが可能となる脆弱性「CVE-2021-36209」を修正した。

同社では、同脆弱性の重要度を4段階中2番目にあたる「High」としているが、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを、最大10のところ「9.8」、「クリティカル(Critical)」と評価している。

このほか、不十分なコンテンツセキュリティポリシーを利用する「CVE-2021-37540」や、パスワードリセットメールにHTMLが挿入可能となる脆弱性「CVE-2021-37541」に対処した。

(Security NEXT - 2021/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ