Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを見ると、「9.0」以上と評価された脆弱性は「9.9」とされる「Windows TCP/IP」の脆弱性「CVE-2021-26424」と、「9.8」とされる「Windows Services for NFS ONCRPC XDRドライバ」の脆弱性「CVE-2021-26432」の2件。

いずれもリモートよりコードを実行されるおそれがあり、悪用される可能性が高いことから注意が必要。これら脆弱性を含め、36件が「7.0」以上と評価されている。

悪用が確認されている脆弱性は1件。「Windows Update Medic Service」において権限の昇格が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2021-36948」で、CVSS基本値は「7.8」で、重要度は「重要(Important)」。一般には公開されていないという。

「CVE-2021-36936」と「CVE-2021-36942」については、悪用は確認されていないが、いずれも脆弱性が公開済みとなっている。

「CVE-2021-36936」は、「Windows印刷スプーラー」においてリモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性。CVSS基本値は「8.8」で「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「CVE-2021-36942」は「Windows LSA」においてなりすましが可能となる脆弱性で、CVSS基本値を「7.5」とし、「重要(Important)」とした。

(Security NEXT - 2021/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
WP向けeラーニングシステム構築プラグイン「LifterLMS」に脆弱性