Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加

2021年第2四半期に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があった脆弱性は307件だった。ソフトウェア、ウェブサイトのいずれも増加している。

ソフトウェア製品やウェブアプリケーションの脆弱性情報を円滑に流通させるため、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」のガイドラインをもとに同機構では脆弱性の届け出を受け付けており、同四半期の状況について取りまとめたもの。

同四半期に受け付けた脆弱性の届け出は307件。前四半期の251件から56件増加した。内訳を見ると、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出は79件で前四半期から8件増。ウェブサイト関連は前四半期の180件を48件上回る228件だった。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計は、ソフトウェア製品が4850件、ウェブサイト関連が1万1933件。合計で1万6783件となった。ウェブサイトに関する届け出が全体の7割を占める。

20210728_ip_001.jpg
脆弱性の届け出状況推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ