Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加

2021年第2四半期に情報処理推進機構(IPA)へ届け出があった脆弱性は307件だった。ソフトウェア、ウェブサイトのいずれも増加している。

ソフトウェア製品やウェブアプリケーションの脆弱性情報を円滑に流通させるため、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ」のガイドラインをもとに同機構では脆弱性の届け出を受け付けており、同四半期の状況について取りまとめたもの。

同四半期に受け付けた脆弱性の届け出は307件。前四半期の251件から56件増加した。内訳を見ると、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出は79件で前四半期から8件増。ウェブサイト関連は前四半期の180件を48件上回る228件だった。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計は、ソフトウェア製品が4850件、ウェブサイト関連が1万1933件。合計で1万6783件となった。ウェブサイトに関する届け出が全体の7割を占める。

20210728_ip_001.jpg
脆弱性の届け出状況推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応