Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」

約半数がオンラインサービスのパスワード管理を「記憶」に頼っていることがわかった。また約6人に1人は、1種類のパスワードをすべてのサービスで使い回しているという。

PayPay銀行が6月24日から29日にかけて、自身の銀行口座を持つ10代から50代までの男女を対象にアンケート調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。1000人が回答した。

オンラインサービスのセキュリティ対策について尋ねたところ、16.8%が「とても意識している」と回答。「意識している(49.5%)」とあわせると66.3%にのぼる。

実施しているセキュリティ対策は、40.4%が「2段階ログインの設定」と回答。「複雑なパスワードの設定(28.8%)」「パスワードの定期的な変更(22.3%)」「スマホの生体認証の利用(21.0%)」「パスワードの使い回しをしない(17.1%)」と続く。28.8%は「特に意識していない」と答えた。

20210727_pp_001.jpg
オンラインサービス利用時に行っているセキュリティ対策(グラフ:PayPay銀)

(Security NEXT - 2021/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
JNSA、2023年10大ニュースを発表 - 事件事故の背景に共通項も
3Qのセキュ相談、前四半期比約27%減 - 「不正ログイン」は過去最多
上半期の不正アクセスによる検挙は188件 - 前年同期比19.3%減
ネットバンク不正送金被害、上半期だけで前年の約2倍に
2Qのセキュ相談、前四半期比約12%増 - 「偽警告」過去最多
オンラインバンキング不正送金被害、2月以降増加の兆し