Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番

同社は、脆弱性の重要度を4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「7.8」と評価した。悪用は確認されていないとしている。

同社は、同脆弱性に対応するセキュリティ更新プログラムについて開発中としており、7月15日の段階でリリースされていない。具体的なリリース予定なども言及しておらず、通常はいわゆる「パッチチューズデー」にアップデートを提供していると述べるにとどめた。

同社は、同脆弱性の回避策として「印刷スプーラーサービス」を停止することとし、具体的な方法を案内するとともに、利用者へ注意を呼びかけている。

なお先に明らかとなった「CVE-2021-34527」に関しては、一部研究者から適用後もファイル名の正規化を利用することで、「ポイントアンドプリント」が動作する環境であればリモートから脆弱性を悪用できるとの指摘が出ており、注意が必要だ。

マイクロソフトでは、同脆弱性と「ポイントアンドプリント」が直接関係ないとしつつも、特定環境においてシステムを悪用されやすくなるとし、「ポイントアンドプリント」の制限方法をアドバイザリで言及。米政府の緊急指令でも、「ポイントアンドプリント」の制限が対策として盛り込まれている。

(Security NEXT - 2021/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消