Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PrintNightmare」パッチ適用後もリモートから攻撃可能 - 研究者が投稿

マイクロソフトは、現地時間7月6日に定例外でセキュリティ更新をリリースし、「PrintNightmare」として知られる脆弱性「CVE-2021-34527」に対処したが、パッチの回避が可能で、引き続きリモートから攻撃が可能であるとの指摘が出ている。

問題の脆弱性「CVE-2021-34527」は、「Windows印刷スプーラーサービス」に明らかとなった脆弱性。アクセス権限があるユーザーにより、SYSTEM権限で任意のコードを実行されるおそれがある。脆弱性の判明を受けて急遽マイクロソフトでは、7月6日に定例外パッチをリリースした。

緊急対応が行われた一方で、パッチを適用した環境でも修正を回避して、リモートから引き続き攻撃が可能であるとの指摘が出ている。

セキュリティ研究者のBenjamin Delpy氏は、ファイル名の正規化を利用することで、「ポイントアンドプリント」が動作する環境であれば、パッチ適用後でもリモートから脆弱性を悪用できるとTwitterに投稿。Mimikatzを用いた実証動画を投稿したほか、関連するプログラムを公開している。

同パッチについては、当初より修正が部分的であるとの指摘が出ていた。CERT/CCでは、リモートからの攻撃には防御できるものの、ローカル環境における権限については保護できないと説明。回避策の実施などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み