Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ

ESETによれば、2021年1月から4月にかけて、マルウェアをメールで送りつける攻撃は、グローバルにおいて日本がもっとも検知数が多く、全体の19.3%を占めたという。

同社が、2021年1月から4月までのマルウェア検出動向を取りまとめたもの。同社において、悪意あるマクロを含んだ添付ファイルなど、マルウェアなどを送り付ける「不正なメール」の検出がもっとも多かったのは日本。19.3%と全体の約2割を占めた。2番目に多い「スペイン(7.6%)」と比較しても突出している。「トルコ(5.8%)」「イタリア(5.5%)」「ポーランド(5.0%)」が続いた。

「ダウンローダー」の検出件数も「日本」が最多で、全体の10.6%にのぼる。次いで「スペイン(9.7%)」「イタリア(8.5%)」が多かった。

また同期間は、オンラインバキングの認証情報を窃取するマルウェアなど、情報窃取を目的としたマルウェアが12%増となったという。検出数は、「トルコ」が8.6%でトップ。「スペイン(7.2%)」「日本(5.6%)」が続いている。全体の36.7%を「リモートアクセスツール(RAT)」の「Agent Tesla」が占めた。

一方、ランサムウェアの検出数は、前年9月から12月までの4カ月と比較して27%減となった。背景には感染手法が、従来のメールを利用したランサムウェアのばらまきから、脆弱性の悪用やRDP経由の攻撃、ダウンローダ経由の感染に変化したことを挙げている。

(Security NEXT - 2021/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減