Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生

コクヨ製品の取扱販売店検索サイトが改ざんされた問題で、同社は調査結果を取りまとめた。

同社によると、ウェブサイトが改ざんされていたとみられる期間が、2020年7月16日から閉鎖した2021年5月19日までの約10カ月間に及ぶことが判明したという。

同社は対象期間に同サイトへアクセスした際、関係ない外部サイトへ誘導され、「送信ボタンを押す」など何らかの行動を取ってしまった場合は、セキュリティ対策ソフトを最新の状態に更新し、マルウェアなどに感染していないか確認するよう呼びかけている。

同社は具体的な原因についてはコメントを避けたが、サーバ管理やセキュリティ対策が不十分だったと説明。改ざんが発生したウェブサイトについては、サーバを移管して再構築を進めており、7月末の復旧を見込んでいる。

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
飛鳥歴史公園の利用者向けサイトが改ざん - 無関係なコンテンツ
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
東北工業大の関連サイトで改ざん被害 - ファイル内に難読化スクリプト
不正アクセスでサイト改ざん、情報流出は否定 - 都立大
ウェブサイトの問合フォームが改ざん被害 - はくさん信金
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
サイト改ざんで一時アクセス不能に、検索サイトで不正表示も - 砺波信金