Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず

富士フイルムは、外部からの不正アクセスにより感染したマルウェアがランサムウェアであると結論づけた。

同社は、これまでもランサムウェアの可能性を示してきたが、マルウェアの検体調査を終え、外部からの不正アクセスによりサーバに感染させられたマルウェアについて、「ランサムウェア」と断定した。

感染が生じたのは、国内の特定ネットワークに限定されていると説明。同社は本誌の取材に対し、ランサムウェアの具体的な種類についてコメントを避けた。身代金の要求には応じておらず、今後も応じないとしている。

同社は不正アクセスの判明を受けて、サーバやパソコンを停止し、ネットワークを遮断したことから、電話やメールによる顧客サポート窓口や関連会社の流通などにも影響が波及していたが、これらシステムはランサムウェアの影響がないことが確認されたため、順次再開する予定。

ランサムウェアの感染被害が発生した国内の一部ネットワークについても、6月7日週内の復旧を目標に作業を進めているという。

(Security NEXT - 2021/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ