Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響

「Lasso」を採用する幅広い製品に影響があり、Akamaiでは、「Enterprise Application Access(EAA)」の修正を3月4日に終えた。同社傘下であるInverseの「SOGo」「PacketFence」なども脆弱性が明らかになったという。

Cisco Systemsも同社製品が影響を受けるとしてセキュリティアドバイザリを公表した。6月1日の時点で「Cisco FXOS」をはじめ、「Cisco Adaptive Security Appliance Software」「Cisco Content Security Management Appliance」など複数のセキュリティ製品やネットワーク管理製品「Cisco Prime Collaboration Assurance」などが影響を受けることが判明しており、順次アップデートを提供していく。

今回の脆弱性についてAkamaiは、「Lasso」に依存するシステムを利用している場合は、早急にパッチを適用し、脆弱性の影響を受ける環境で「SAML認証」を利用していた場合は別途対策を講じるよう注意を喚起。

脆弱性の試行に関するログが残る可能性は低く、脆弱性の影響を受けたシステムの管理者は、なりすましが行われた正規ユーザーにより、情報の窃取やアプリケーションの悪用、設定変更など、異常な行動が存在しないか、確認することなどを推奨している。

(Security NEXT - 2021/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す