Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で

東急コミュニティーは、神奈川県より指定管理を受託する神奈川県県営住宅において、駐車場使用料の納入通知書の一部を誤った宛先に送付したことを公表した。

同社によれば、駐車場使用料に関する納入通知書を誤った宛先に送付するミスがあったという。5月21日に駐車場利用者より通知書の宛名が誤っているとの指摘があり、誤送付が判明した。

5月19日に送付した176件のうち、6月2日の時点で28件の誤送付が判明しているという。通知書には、駐車場利用者の氏名、住所、駐車場使用料などが記載されていた。

同社では対象となる利用者に対して訪問や電話を通じて確認を行い、誤送付した通知書を回収した。神奈川県や国土交通省へ報告。プライバシーマークの認定を受けており、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)に対しても報告を行っている。

(Security NEXT - 2021/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む請求書を別の団体へ誤送付 - 岩手県予防医学協会
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
別人の納税催告書を誤って送付 - 栃木県壬生町
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
異なる宛名で会員向け冊子を発送 - 輸入腕時計代理店
宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
返却したワクチン接種券に接種者名簿が混入 - 池田市
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校