Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に

原子力規制委員会のネットワークが外部より不正アクセスを受けた問題で、2019年8月から9月ごろにVPN機器における既知の脆弱性が突かれ、以降、判明する2020年10月まで繰り返し不正アクセスを受けていたことがわかった。

同委員会では、2020年10月に一部システムで外部からの不正アクセスを検知し、その後調査を進めたところ判明したもの。現在も調査が進められている。

2019年8月から9月にかけて、VPN機器において既知の脆弱性を突かれ、システム内部より職員や請負業者など、250件以上の認証情報を窃取された。当時パッチの更新が4カ月ほど滞っていたという。

その後2019年9月や2020年3月に窃取された認証情報を用いてシステムへ侵入され、情報収集など偵察が行われており、不正アクセスが判明した10月にはデータを窃取される被害が発生している。

窃取されたデータは、システムを構成する一部サーバの設定ファイルや職員、請負業者の認証情報などと見られるが、特定には至っていない。

(Security NEXT - 2021/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告