Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開

Adobe Systemsは、同社の幅広い製品においてセキュリティアップデートをリリースした。深刻な脆弱性を修正している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデーにあわせて複数製品向けにセキュリティアップデートをリリースしたもの。

「Adobe Acrobat」や「Adobe Reader」「Adobe InDesign」「Adobe Illustrator」「Adobe InCopy」などで修正を実施したほか、「Adobe After Effects」「Adobe Medium」「Adobe Animate」「Adobe Media Encoder」などにアップデートを提供。

また「Adobe Creative Cloud Desktop Application」「Adobe Genuine Service」といった管理アプリのほか、「Magento」「Adobe Experience Manager」といったプラットフォームにおいてもアップデートを実施している。

特に適用優先度が高いアプリは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」で、72時間以内を目安とする3段階中もっとも高い「1」とレーティングされている。「Magento」「Adobe Experience Manager」が、次に高い「2」と評価しており、30日以内のアップデートが呼びかけられている。

また適用優先度が高く設定されていない場合も、「Adobe InDesign」「Adobe Illustrator」をはじめ多くの製品に「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が含まれており、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2021/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正