Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘

パイプラインを運用する米大手エネルギー事業者のColonial Pipelineがサイバー攻撃を受け、米国内における燃料輸送に影響が出ている。米連邦捜査局(FBI)はランサムウェア「Darkside」が関与したとの見方を示した。

同社は、米南部に位置するテキサス州ヒューストンから東部ニュージャージー州のニューヨーク湾にかけて約5500マイル(8850キロメートル)のパイプラインを運営し、1日あたり1億ガロン(約3.8億リットル)以上の燃料輸送を手掛けるエネルギー事業者。

5月7日にサイバー攻撃を確認したもので、ランサムウェアによる被害であることを公表している。同社は対象となるシステムをネットワークより遮断。燃料輸送が一時停止するなど影響の拡大が懸念されている。

復旧には、関連するシステムの安全性を確認した上でネットワークに接続する必要があるとし、作業を進めている。また影響を緩和するため、主要幹線をオフラインにしたまま、一部を手動で稼働させるなど対応も試みている。

今回の被害について、FBIは米時間5月10日、ランサムウェア「Darkside」が関与していることを確認したと発表した。問題の「Darkside」は、2020年8月ごろより活動が確認されているランサムウェア。データの暗号化にくわえ、窃取して暴露すると脅す二重脅迫を行うことで知られている。

(Security NEXT - 2021/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入