Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ

同四半期は、ビジネスメール詐欺に関する11件の情報提供が同組織へ寄せられた。内訳を見ると、10件は経営者など、1件は取引先へのなりすましだった。 またこれ以外にも参加組織以外から2件のBECに関する情報提供があったとしている。

また米時間3月2日に「Microsoft Exchange Server」における複数の深刻な脆弱性が公表され、定例外でセキュリティ更新プログラムがリリースされたが、参加組織においても「CVE-2021-26855」の悪用が試行された痕跡が見つかっている。

マイクロソフトが提供するログ調査ツールで調査を行ったところ、グループ企業内の3社で3月3日から3月10日にかけて脆弱性の悪用が試行された痕跡を発見したという。攻撃には失敗しており被害はなかった。

そのほか、「Microsoft 365」の偽装や、メールサーバの不具合を装い、アカウント情報を窃取する攻撃、Nortonなどセキュリティ対策ソフトの期限切れを装うケースなど、いわゆるバラマキ型のフィッシング攻撃も引き続き観測されており、注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2021/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも