Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合

復旧の目安について都関係者は、セキュリティ上の問題なので、ソースコードのレビューや脆弱性診断など必要となるが、遅くとも連休明けまでに復旧したいとしている。

また同システムは、コールセンターにおいても利用しているが、本来同システムで予約を受け付けていない接種医療機関の接種枠についても、コールセンターからは予約可能となっており、誤って35接種医療機関1023人分の予約を受け付けていた。

同不具合については、同日18時半ごろ、修正プログラムをシステムに適用し、解消済みだという。

都では接種医療機関に謝罪し、対応可能な場合は接種するよう求め、対応できない場合は、予約はキャンセルとなる。都ではキャンセル対象となった医療従事者に、経緯の説明と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正
「VMware vCenter Server」に複数の深刻な脆弱性 - 早急に対応を
「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局