Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造

4月27日の時点で個人情報や機密情報の流出、生産設備への影響などは確認されていないが、同社では、端末の状況や、サーバ、ネットワーク機器などのログをもとに侵入経路や被害の範囲について解析し、データが流出した可能性も含めて影響を調べる。

バックアップについては実施していたが、一部情報が消失している可能性もあるとし、対象となるデータについて精査していく。

また復旧作業は、生産関連のデータなど、顧客に影響があるデータを最優先に進めていると説明。特にメールサーバにおける被害が大きく、完全復旧には時間を要するとしているが、顧客対応が必要となる部署を優先しつつ、段階的に復旧していくとしている。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害