Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市

大阪市保健所において、高齢者施設従事者向けの新型コロナウイルスワクチン接種券付き予診票を、異なる介護老人保健施設へ誤って送付するミスが発生した。

同市によれば、4月15日に委託業者が、市内介護老人保健施設へ送付したところ、同月22日に1施設から、他施設の予診票が入っていたとの問い合わせがあり、誤送付が判明した。

誤送付されたのは44人分の新型コロナウイルスワクチン接種券付き予診票。氏名、住所、生年月日、性別、所属機関などが記載されている。

4月3日に同保健所の職員が、介護老人保健施設ごとの接種対象者のデータを作成する際、厚生労働省のワクチン接種円滑化システムから2施設の予診票データを一緒に出力したため、結合されたデータが出力されたという。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県
阪南市でワクチン予約者リストを誤送信 - 当日指摘あるも確認5日後
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市