Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少

2021年第1四半期に届け出があった脆弱性は252件だった。ウェブサイトの届け出が目立って減少している。

情報処理推進機構(IPA)が、同四半期に情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを通じて届け出があった脆弱性の状況について取りまとめたもの。同四半期は252件の届け出があり、前四半期の303件から51件減少した。

内訳を見ると、ソフトウェア製品の脆弱性に関する届け出は72件で、前四半期の73件から微減。ウェブサイト関連は180件で、前四半期の230件を大きく下回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア製品が4772件で、ウェブサイト関連が1万1705件。合計で1万6477件となった。ウェブサイトに関する届け出が全体の7割を占める。

ソフトウェア製品の脆弱性を製品別に見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が31件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ」と「グループウェア」が各6件だった。脆弱性の原因別では、「ウェブアプリケーションの脆弱性」が38件で最多。「その他実装上の不備(24件)」が続く。

(Security NEXT - 2021/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
最新Androidのプライバシー機能など解説 - JSSECオンラインセミナー
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも