Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「デジタル署名検証ガイドライン第1.0版」を公開した。

署名者やデータの真正性を公開鍵暗号技術により検証できるデジタル署名では、検証ツールへの依存が大きく、ツールによって判定結果が異なると、デジタルデータの流通にも支障が出ることからガイドラインを取りまとめたもの。

2013年にタイムビジネス協議会(TBF)が作成した「電子署名検証ガイドライン」を引き継ぎ、更新したもので、署名検証システムやサービスの利用者、調達者、開発者を対象としている。

特にデジタル署名のなかで規格が整備されており、相互運用性や流通性に優れた先進電子署名(AdES)の検証処理を対象としており、用語の定義や署名の基本概念とデータ形式、署名検証の概念モデル、検証の詳細要件など収録したほか、準拠すべき規格と参考文献なども示している。

(Security NEXT - 2021/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
「民間宇宙システムにおけるサイバーセキュリティ対策GL」のパブコメ実施
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
「テレワーク推進リーダー」制度を実施、最高50万円の奨励金 - 東京都
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査