Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし

厚生労働省は、医薬・生活衛生局の一部行政文書が廃棄文書と誤認されて廃棄されたことを明らかにした。外部流出については否定している。

同省によれば、3月24日に同局のレイアウト変更工事のため廊下に待避しておいた行政文書ファイル185件が入った段ボール箱を、廃棄事業者が廃棄書類と誤認して搬出し、溶解処理したという。

誤廃棄した行政文書は、法令改正の関係資料や質問主意書に対する答弁書、地方自治体への通知、薬局や薬剤師関連通知などが含まれる。

そのうち20件には、審議会や検討会の委員の氏名や略歴、行政訴訟の原告氏名、登録販売者の職務経歴に関する情報、薬剤師の行政処分歴、グレーゾーン制度に関わる申請者の情報など個人情報が含まれる。

誤廃棄した行政文書は、溶解処理場における記録やデータにより、すべて溶解処理されていることを確認しており、外部に流出する可能性はないとしている。

また、誤廃棄した行政文書ファイル185件のうち183件については、電子データから内容を復元できる見込みと説明。2015年および2016年の薬剤師の再教育研修に関する資料については、復元不可能としたが、すでに手続きは完了しており、業務に支障はないとしている。

(Security NEXT - 2021/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
犬飼育者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 朝日町
交付前のマイナンバーカード2件が所在不明に - 四條畷市
睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀
小学校で児童の健康診断書を紛失、誤廃棄か - 名古屋市
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」